サイトメニュー

シミュレーションの重要性

カウンセリング

カウンセリングでシミュレーションをする

鼻というのは目についで美容整形の需要が高い部分です。特に、日本人は欧米人のようなスッとした美しいノーズラインに憧れる人が多く、なんとかしてあの美しいノーズラインを手に入れたいという希望者が多いのです。もし、鼻の整形をする場合には、できるだけシミュレーションをしっかりと行うことが大切です。ヒアルロン酸でノーズラインを整えたり、高さを出すのであればそれほど難しいことではありません。ただ、シリコンプロテーゼを挿入して理想的な形に仕上げたいという場合には、シミュレーションからシリコンプロテーゼの微調整までをしっかりと行う必要があります。それというのも、シリコンプロテーゼは患者一人一人にあったものをオーダーメイドで作成します。ミリ単位まで微調整をすることができるため、理想の高さ、そして形の鼻を手に入れることができます。一人一人に合わせてプロテーゼは手作りされるため、費用は少し高めになります。鼻のプチ整形に比べると費用が高額なので入念にカウンセリングします。

費用については、施術内容によって大きく異なってきます。例えば、ノーズラインを整えたり、多少高さを出すだけであれば、プチ整形で十分です。費用は5万円前後なのでそれほど高くはないと言えます。他方、整形手術が伴うと費用は一気に高額になる傾向があります。シリコンプロテーゼの挿入には鼻の内側を切開し、オーダーメイドで作ったシリコンプロテーゼを鼻筋に挿入します。シリコンプロテーゼの発注から手術費用のすべてを含めると総額30万円以上かかることになります。さらに、鼻というのは目元の整形と同様、手術を自由に組み合わせて理想的な形を作り出すことができる部位であるため、手術内容も種類が多いのです。よくあるのが、団子鼻を解消し、修正や縮小を加える手術方法です。この場合、個人の鼻の特徴によって手術内容が全く異なります。脂肪分が多い場合は脂肪を吸引し、もし、骨の太さが原因であるのならば、骨を削る手術を施す必要があります。このように、手術がオーダーメイドになると費用は軽く50万円を超えます。